薄毛や抜け毛治療にフィンペシアがおすすめ

倒れた瓶と転がる白い錠剤
生え際が薄い・後退してきている、頭のてっぺんのつむじ部分の地肌が見える部分が広範囲になった気がする、全体的に髪の量が減ったなど、薄毛が気になってはいませんか。

また抜け毛が増えてきたと感じている方も同様ですが、病院に行くほどではないと思ったり時間がない、という男性もいるでしょう。
しかし薄毛や抜け毛は、AGAといって進行性の男性型脱毛症なので時間が経てば経つほど症従は悪化してしまいます。

自分自身の頭髪のことですが、周囲の人からよく見えている部分でもあるので、自身で気づく時には結構進行していることも少なくありません。

薄毛などのAGAの症状で病院に行くことが恥ずかしいなど抵抗がある方は、ぜひ通販で買えるフィンペシアやミノキシジルについて知ってください。

薄毛や抜け毛の治療薬

フィンペシアとフォリックスシリーズの商品画像
髪の毛が細くなったり抜け毛が増えてきたと感じたら、早めにAGA治療を始める必要があります。
そんな薄毛や抜け毛に対する治療薬は、飲むタイプと直接頭皮に塗るタイプに分けられるのです。

そして飲むタイプではフィナステリド、塗るタイプではミノキシジルがよく知られています。

抜け毛を防ぐ成分フィナステリド

フィナステリドは、病院処方のAGA治療薬プロペシアにも含まれている有効成分です。
AGAの原因物質である、男性ホルモンの一種ジヒドロテストステロンが作り出されないよう作用します。

もし過剰に増えてしまうと、頭皮の皮脂が多くなるなど毛根がダメージを受けやすい状態になるのです。
そのため、ジヒドロテストステロンの産生を抑える作用があるフィナステリドの摂取によって、抜け毛を防ぐことが期待できます。

さらに世界初のAGA治療薬でもある内服薬プロペシア。
そのジェネリックで安いフィンペシアは通販で買うことができるのです。

発毛を促す成分ミノキシジル

ミノキシジルもフィナステリド同様、病院処方薬に含まれる有効成分ですが男性ホルモンへの作用はありません。

血管拡張作用があり、血流の促進につながるので毛根に存在する、毛母細胞を活性化させて発毛や育毛を促すことが期待できます。
それによって、AGA以外の円形脱毛症や女性の薄毛へも有効とされている治療薬です。

ミノキシジル配合の外用薬、フォリックスは6種類もの成分量から自分自身に合うものを選ぶことができます。

AGA(薄毛や抜け毛)の症状

抜け毛がひどい状態
フィンペシアやミノキシジルなどの治療薬は、AGAの症状に気づいたら早い段階で使い始める必要があるのです。
治療が遅れれば遅れるほど症状は進行してしまううえに、毛根がダメージを受けすぎると薬だけでは対処が難しくなる可能性もあります。

早い段階で治療を始めるためにも、AGAの症状について知っておかなければいけません。
その症状には、おでこの生え際が後退してきたり頭のてっぺんやつむじ辺りから薄くなってきた、抜け毛が増えた、などがあります。

また全体的に髪の量(ボリューム)が減った、寝起きの枕元やシャワー・入浴後の排水溝の抜け毛が多いことが挙げられるのです。

原因はさまざま

AGAの原因には遺伝や生活習慣の乱れがありますが、特に大きいのは男性ホルモンの影響といえます。
男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5a還元酵素と結合して更に作用の強い男性ホルモン、ジヒドロテストステロン(DHT)に変換されるのです。

そしてDHTが頭皮の毛根内の男性ホルモン受容体と結びついてしまうと、毛髪の成長を止めて成長期間を短くしてしまいます。
すると細くて短い髪の毛が増えたり、毛根がダメージを受けることで薄毛や抜け毛の症状悪化につながってしまうのです。

薄毛や抜け毛治療のスタートにフィンペシアがおすすめ

フィンペシアとスタートボタン
AGA治療薬として、抜け毛を防ぐ内服薬のフィンペシアと発毛促進作用をもっているミノキシジルがあります。
併用している方も少なくありませんが、フィンペシアだけでも症状の改善効果が期待できるのです。

それは、5a還元酵素Ⅱ型の分布箇所が生え際や頭頂部に多いことと、AGAに多い症状でM字やO字に薄くなるという、箇所の一致が関係しています。
また、体内で作り出されるAGAの原因物質ジヒドロテストステロンの7割近くが、5a還元酵素Ⅱ型によるものとされているのです。

このことから、AGA治療のスタート時には5a還元酵素Ⅱ型の働きを阻害するフィンペシアから使ってみることをおすすめします。

AGAの初期症状に対してはもちろん、ジヒドロテストステロンの過剰分泌が原因であればフィンペシアの高い効果が期待できるでしょう。