フィンペシアの副作用でED?

ショックで落ち込む男性の後ろ姿
フィナステリドを有効成分にもつフィンペシアは、通販で買えるAGA治療薬として役立ちますが、ED(勃起不全)の症状も報告されているのです。

しかし男性の性欲や勃起に影響するのはテストステロンであり、フィンペシアが作用するジヒドロテストステロンではありません。

フィンペシアは、AGAの原因となるジヒドロテストステロンが作り出される時に必要な5a還元酵素に作用します。
それでは、何故フィンペシアの副作用でEDになるのでしょうか。

フィンペシアとEDの関係

成分の作用などから考えると、フィンペシアがEDを引き起こす可能性は低いといえます。
しかしフィナステリド1mg配合のAGA治療薬よりも、5mg配合されている前立腺肥大症治療薬を服用した人が多くEDを発症したという臨床結果もあるのです。

つまりフィナステリドを多く摂取したほうが、EDの確率を高める傾向があることは分かっています。

このように成分の作用と臨床結果が矛盾している点もありますが、実際フィンペシアを服用した後に約1%という低い割合で、性欲減退やEDを引き起こしているのです。

フィンペシア服用後、体内のジヒドロテストステロン濃度が急激に低下することで、睾丸に痛みが起こったり重さのような違和感を覚える場合が稀にあると報告されています。
こうした違和感から精力や性欲減退につながり、症状が悪化してしまうとEDを引き起こす可能性もあるようです。

ただプロペシアの臨床試験の際にプラセボ(偽物の薬)を飲んだ人のなかには、同じぐらい割合で同様の症状を訴える人がいました。

現時点では原因がわからないので「フィンペシアの副作用でEDが起こるかもしれない」という不安、つまり思い込みから心因性のEDが発症していることも考えられます。

そのため大きな不安が、フィンペシアの副作用と思われているED発症の原因になっている可能性もあるので、副作用を知って不安を軽減しましょう。

他にもさまざまな副作用がある

額に腕をのせて考え込む男性
AGA治療に役立つフィンペシアですが、他にもさまざまな副作用を引き起こす可能性があります。
一般的にあげられるのは、頭痛や腹痛・食欲不振・初期脱毛・肝機能障害などです。

頭痛などの諸症状は、成分に身体が慣れていないことでも起こりやすいといえます。
ただし初期脱毛や肝機能障害については効果や体質が関係していて、治療を継続するときに影響することなので知っておくようにしましょう。

初期脱毛は効果の証でもある

初期脱毛といっても、服用し始めてすぐにあらわれるわけではなく、10日~1ヵ月が経った頃からみられる症状です。

抜け毛や薄毛の治療のためにフィンペシアを服用しているにも関わらず、髪の毛が抜けるのはとても不安を感じるでしょう。
しかし、短くなっているヘアサイクルを正常化させるために、一度リセットしようと髪の毛が生え変わることがあるのです。

そのため、フィンペシア服用後10日~1ヵ月ほどで抜け毛が増えたら薬の効果があらわれている証でもあるので、服用を中止しないでください。
ただ、長期にわたって初期症状が続く場合もあるので、一度医師に相談するようにしましょう。

肝機能障害には要注意

人体の内臓のイメージ画像
唯一フィンペシア服用後に起こり得る、重篤な症状ともいえるのが肝機能障害です。
服用後に身体がだるいなどの症状が起こったら、肝機能障害を引き起こしている可能性があります。

また肝臓は薬の成分を分解する、代謝に欠かせない臓器なのでフィンペシアに限らず、肝機能障害を抱えていたり機能が低下している方は、使用を控えてください。

症状悪化や強い副作用を引き起こすことにつながるので、危険です。
安全のためにも、事前に医師へフィンペシアの服用について確認する必要があります。

EDを含むフィンペシアの副作用を抑えるために

AGA治療薬のフィンペシアの副作用としてあげられる、EDは科学的な根拠はありませんが臨床試験では、EDが発症したという報告もあるのです。

ただ「EDが起こる可能性がある」という強い思い込みから、心因性EDの形で発症してしまう可能性も考えられるので、きちんと副作用について知って不安を少しでも解消しましょう。

ほかにもさまざまな副作用がありますが、正しい飲み方でフィンペシアを摂取することで副作用を最小限に抑えられます。